クリスマスコンサート2019

「さらば地球よ、旅立つ船は、宇宙戦艦ヤ・マ・ト~♪」。壮大なスケール感で高らかに歌い上げられたアニメ「宇宙戦艦ヤマト」のオープニング主題歌は、誰でも耳にしたことのある有名なメロディー。宇宙戦艦ヤマトは、1974年に放映され、何度も続編製作や映画化、漫画化、実写化などが行われ、現現在まで続いているアニメーション作品です。 

148千光年の旅、ひたすら進め宇宙戦艦ヤマト】

時は西暦2199年。地球は絶望の淵に立たされていた。謎の異星人国家・ガミラス帝国の遊星爆弾による無差別攻撃を受けており、海は蒸発し地球は赤茶けた姿に変貌してしまっていた。人類は地下都市を建設し、地球防衛軍を結成して抵抗を続けていたが、圧倒的な軍事力を持つガミラスになす術もなく、地下にも放射能汚染が進行し、人類の絶滅まであと一年と迫っていた。
そんな中、地球はガミラスとは異なる異星人の惑星「イスカンダル」からの技術提供を受け、人類初の恒星間飛行を可能とする宇宙戦艦を建造し、地球を浄化再生するシステムを受け取りに行くという人類最後の「ヤマト計画」が実行されようとしていた。
148千光年の彼方、イスカンダル星に向け、1年以内に帰還しなければ人類滅亡という状況下、宇宙戦艦ヤマトは往復296千光年の旅に発つ。
ヤマトは果たして人類を救うことができるのか?? 
テレビ放送が開始されてから40年以上が経ち、今も多くのファンに愛されている「宇宙戦艦ヤマト」は、宇宙を舞台にした壮大なストーリー。
壮大な音楽が紡ぎ出す、「宇宙戦艦ヤマト」の世界を吹奏楽の演奏にてお届けいたします!