下関ブラス・オーケストラ

お知らせ

2006年から始まり、毎年11月に全国で行われるオレンジリボン運動。 11月は児童虐待防止月間ということもあり、様々な啓発活動が各地で行われております。子どもの明るい未来を表すオレンジ色のリボンは「児童虐待防止」のシンボルだそうで、将来を担う子どもが健やかに成長できるように願いが込められているそうです。  

例年であれば、「たすきリレー」を行うとともに、下関駅人工地盤やカモンワーフ付近の特設ステージで勝山会の和太鼓やよさこいなど、当団も演奏で出演したり大変賑わいを見せておりましたが、今年は新型コロナウイルスの関係で、開催の実施要項も大きく変わり、ステージ演奏は全て中止となりました。  

今年のイベント正式名称は「下関オレンジリボンアクション2020」で、メディアや展示等の広報活動的な取り組みとなるそうです。当団では身近なアイテムでオレンジリボン運動の啓発ができるサポートグッズ【マグネット】を利用して、11月1日~8日までの間車などに貼ってアピールする予定です。  

一人でも多くの方々に「児童虐待防止」に関心を持ってもらい、子供たちの笑顔を守るために一人ひとりに何が出来るのかを呼びかけていくオレンジリボン運動を知って頂き、子どもたちが安心して明るく過ごせる世の中になっていくといいです。  

2020年の唯一の参加イベントとなってしまいましたが、11月の児童虐待防止啓発月間を盛り上げたいと思います!

活動記録2020年、定演記録を更新しました!2020/10/16